新型プリウスPHVの全貌が見えきた!専用デザインで生まれ変わる!!

新車値引き目標金額データベース > 新車情報ニュース > 新型プリウスPHVの全貌が見えきた!専用デザインで生まれ変わる!!

新型プリウスPHVの全貌が見えきた!専用デザインで生まれ変わる!!




車検こそ安くてシッカリしたところを選んで頼もう!
→→→カーセンサーの車検費用一括見積もりはこちら


priusphv.jpg新型プリウスの本命とも入れるPHVが秋に販売が開始される。最大の特徴は、EV走行距離はなんと60kmを実現し、エクステリアデザインおよびインテリアデザインがPHV専用デザインになっている。通常のプリウスと比較しても全く異なる雰囲気を醸し出しており、プリウスPHVの方が、万人受けするデザインにまとめられている。テールゲートは、CFRP製で大幅な軽量化が実現されているだけでなく、テールゲートのウインドウは特徴あるデザインのダブルバブルウインドウと呼ばれ空力的にもメリットがある。

ちなみに大きさの方は、全長が4645mmとノーマルプリウスに比べて105mm長くなっているが、全幅・全高については変更なしとなっている。

基本的なパワートレインは、プリウス同様の1.8Lエンジンに走行用モーターを組み合わせたTHSⅡに、大容量のリチウムイオンバッテリーを組み合わせることでEV走行距離60kmを実現しているところがポイントである。外部充填方法についても、現行のプリウスPHVと同じで、日本仕様については急速充電器にも対応しているので、20分で80%の充電が可能となっている。

インテリアの大きな特徴は、センターに配置するタテ型の11.6インチのタブレット型のモニターが注目したいところ。ちなみにPHVは4人乗り仕様となるのも注意が必要だ。まさにこの秋に登場する新型プリウスPHVは、外見も中身も通常のプリウスとは一味違った一台に仕上がっているといえるのではないだろうか。

クルマの買い替えなら更に割引きを引き出せる!


もしあなたがすでに車に乗っていて、新車と乗り換える場合、今乗っている車の本当の買取価格を知っておくことは重要です。

「すでに10万キロ超えてるし、無料で引き取ってくれさえすればそれでいい」と思っていても、プロに査定してもらうとディーラーでは全く値段がつかなかった車が高く買い取ってくれた!というケースもザラです。適正な買取価格を知っておくことは損ではありません。

方法はいたって簡単。ネットで査定に申し込むだけ。たった30秒程度の入力で「かんたん車査定ガイド」ならば、すぐに愛車のおおよその査定金額がわかりますよ。

→→申込み簡単の愛車無料査定はこちらから



関連記事

  1. マツダのCX-4はSUVクーペで世界に殴りこむ!
  2. 新型プリウスPHVの全貌が見えきた!専用デザインで生まれ変わる!!
  3. 新型パッソが6年ぶりにフルモデルチェンジして4月に登場予定