車買取出張査定の実際の流れ

新車値引き目標金額データベース > 中古車査定の現実 > 車買取出張査定の実際の流れ

車買取出張査定の実際の流れ




車検こそ安くてシッカリしたところを選んで頼もう!
→→→カーセンサーの車検費用一括見積もりはこちら

車の査定には、1回あたり1時間程度かかります。その1時間の簡単な内訳は、事前に営業マンがオーナーに対してカウンセリングをする10分間と、車の状態の確認に30分、そして査定額提示および交渉に20分、トータルで1時間となるわけですが、それぞれの流れについて解説します。

1.カウンセリング
買い替えかどうか、売却の時期、事故歴の有無、どのような用途で車を使っていたかなどを営業マンは聞いてきます。また車検証やメンテナンスノートなどを元に車の状況を確認します。買取依頼が来ている車を短時間で適正に査定するために、営業マンはオーナーと世間話を含めた会話によってできるだけ車に関する正確な情報を得ようとします。そのため、万が一、事故歴がある場合には、隠していても最終的にバレるので事前にしっかりと申告しておくとスムーズです。買取業者をまとめて呼んでいる場合は、2社目以降は車検証やメンテナンスノートを見てもらう程度で済むのでラクです。

2.車の状態を確認
カウンセリング後、車買取業者の営業マンは実際に車の状態の確認になります。まずは運転席に座ってエンジンをかけてみたり、オーディオが正常に作動するかどうか確認したりした後、エンジンルームを含めた車の外回りを入念にチェックします。当然、天井や車の下まわりもチェックします。業者によっては、ドアのゴムパッキンなどをはずしてしっかり確認するところもあるが、業者によってチェック項目が若干異なりますが基本は同じです。車の状態を一通り確認したら、写真を撮って車の状態を入力してスマホやタブレットで自分の会社の査定本部に送信するのが一連の流れです。あとは本部からの連絡が来るまで待つことになります。

クルマの買い替えなら更に割引きを引き出せる!


もしあなたがすでに車に乗っていて、新車と乗り換える場合、今乗っている車の本当の買取価格を知っておくことは重要です。

「すでに10万キロ超えてるし、無料で引き取ってくれさえすればそれでいい」と思っていても、プロに査定してもらうとディーラーでは全く値段がつかなかった車が高く買い取ってくれた!というケースもザラです。適正な買取価格を知っておくことは損ではありません。

方法はいたって簡単。ネットで査定に申し込むだけ。たった30秒程度の入力で「かんたん車査定ガイド」ならば、すぐに愛車のおおよその査定金額がわかりますよ。

→→申込み簡単の愛車無料査定はこちらから



関連記事

  1. 車買取出張査定の実際の流れ
  2. 車一括査定サイトに申込む理由と手順
  3. 損をしないための車査定の具体的な手順
  4. すぐにできる車査定アップのポイント
  5. 愛車査定で1円でも高く売却するには具体的にどうすればよいか?